HOME店舗開発契約ケース

契約ケース

ホテル・旅館の運営受託

  • オリエンタルホテル:大手デベロッパーが組成したSPCが約900坪の土地にビルを建設(延床約8,300坪)し、うちホテル部分の約4,000坪を賃貸借契約。116室、3宴会場、3レストラン、1チャペル。
  • ウィズ ザ スタイル フクオカ:大手企業所有の約800坪の更地を事業用定期借地契約。地上4階建ての3宴会場、2レストラン、1チャペル、16室のホテル(延床約1,300坪)を新築。
  • ザ・ルイガンズ.スパ & リゾート:地元の運営会社より引き継ぐ形でホテル建物約3,500坪を賃借。客室・宴会場・レストラン・ロビー・外構等を改装。98室、5宴会場、3レストラン、2チャペルのリゾートホテルとして再生。
  • 大手ホテル:大手ホテルへマネジメントチーム4名を常駐派遣。戦略構築、戦略実行、商品企画、パートナー選定、スタッフ教育、セールス等を担当。

歴史的建築物、遊休資産の再生事業化

  • ザ ソウドウ 東山 京都:個人所有の約1,300坪の土地および、敷地内にある築80年超の邸宅の、事業用定期借地契約および定期建物賃貸契約。改装および新築の混合で4宴会場、1レストラン、1チャペルのレストラン&バンケット事業(延床約870坪)。
  • ザ カワブン ナゴヤ:400年続く料亭の再生事業。敷地約800坪のうち、350坪を文筆し、地上4階建ての3宴会場・1レストラン・1チャペルのレストラン&バンケット事業(延床約930坪)を新築。
  • ザ・フジヤ・ゴホンジン:350年続く老舗旅館の再生事業。敷地約1,000坪にある明治・大正・昭和初期の既存建物の改装に加え、新築棟を建設し、地上3階建ての2宴会場、1レストラン、1チャペルのレストラン&バンケット事業。プランドゥシーは改装、開業コンサルを担当の後、運営責任者を派遣。
  • ザ フナツヤ:創業185年の老舗料亭を婚礼事業へ業務転換し再生。料亭は不動産のオーナー/地元飲食企業がオペレーター。3社で共同出資を行い、新会社を設立。新会社の与信により、地元金融機関より資金調達を実施。

店舗開発に関するお問い合わせはこちら

店舗開発 DEVELOPMENT
  • 事例「ウィス ザ スタイル フクオカ」
  • 事例「ザ・ガーデン・オリエンタル 蘇州園」
  • 事例「ザ・フジヤ・ゴホンジン」
  • 出店希望要件
  • 契約ケース

PAGE TOP