HOMEOmotenashi Club導入事例

導入事例

広瀬 賢二 氏 株式会社Pacific Diner Service
Executive Director

婚礼サービスを提供する会社として2003年関西に設立、その後関東、東海、九州へもサービス提供を拡大。
ブライダル施設やホテル・レストランを顧客とし、質の高いブライダルサービスの提供している。
その他にも、ペーパーアイテムプロデュース、店舗運営業務、店舗運営委託業務、立上支援、コンサルティングなど、幅広い事業を行い、 「一生に一度のパーティー」を支える存在として、
心を動かす最幸のおもてなしを日本中に広げている。

Omotenashi clubを導入の背景

社員を現場での教育だけではなく、外部からあらゆる面で教育し、人として、社会人としてサービスマンとして成長させる事がサービスレベルの向上とお客様満足度の向上に繋がり、会社の成長となると考えたからです。

当時、抱えていた課題

会社とした大切にしている共通の言語・考え方が浸透しておらず、現場のみの狭い視野での物事の考え方・発想になっていました。
社会人としての考え方・行動のレベルも低いため、自分達で考え、教えることが出来ない状態。私たちとしても、社員の未来の成長イメージが付かない状況でした。

多くの研修情報のなかで、Omotenashi clubを選んだ理由

Omotenashi clubは、他の研修よりも参加方の研修(ワーク)が多く、私たちが課題として感じている問題と学べる内容がヒットしたからです。 また、プラン ドゥ シーの社員の方々は私たちが感じるほど日々成長しており、会社としても教育に力を入れているため興味をもちました。 実際、研修内容もわかりやすく、講師の方々はとても魅力的で受講者が刺激を受けることができると感じたため選びました。

受講者の反応

楽しかった、あっという間に時間が経ったと笑顔で帰ってきます。 また、必ず数個のアクションを持って帰ってきていて、研修後も実践しており、1つの研修を受講すると、他の研修にも興味を持ち、参加したいと自らリクエストをしてくるメンバーがたくさんいます。

研修を受けて社員や会社の変化

当初、大きな課題として感じていた共通言語が大幅に増えました。
感覚で行動していた事をロジックで伝えることができるメンバーが増えたため、教育ができる社員が増え、リーダークラスのメンバーの目指している方向を部下も理解しやすくなりました。

今後の取り組みについて

全社員が必須で受講する研修を決めて、会社の文化を創っていこうと思います。 また今後は講師養成講座を利用し、Omotenashi clubの研修内容を自社用にブラッシュアップして、自社内で研修ができる講師を育成し、さらに会社として成長していきたいです。

Omotenashi Clubの研修プログラムを受講ご希望の方は、研修プログラムの詳細をご確認の上、検討をお願いたします。

研修プログラム・予約を見る
人材育成・研修 OMOTENASHI CLUB
  • Omotenashi Club(オモテナシクラブ)を初めてご利用になる方へ
  • 研修プログラム・予約
  • 研修の提供形態について
  • 講師紹介
  • 導入事例
  • よくある質問
  • お申し込みの流れ
Omotenashi Clubお問い合わせ

03-5220-7105 (平日 10:00-19:00)

ウェブでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

パンフレットをご希望の方はこちら

資料請求

研修プログラムのスケジュールはこちら

公開研修日程表(PDF)

PAGE TOP